ドクター

ホルモンバランスの乱れによる更年期障害|気付かぬうちに蝕まれる

健康診断で見つかることも

ドクター

腎臓は体内にある老廃物を除去しています。腎臓病にかかってしまうと血液中の老廃物が除去できなくなることから、重い症状に陥ってしまいます。腎臓病は一度かかると完治が難しいので、定期的に検査を行うことが重要になってきます。

もっと読む

適切な指導でダイエット

病院

ダイエットが長続きしない人や、健康的に痩せたいと考えている人は、肥満外来へ受診しましょう。肥満外来では、医師の指導の元リバウンドの起こりにくい身体を手に入れることができます。

もっと読む

更年期障害の症状

看護師

身体がだるい、ほてりやのぼせを感じる、特に何もないのにイライラしてしまう、手足のしびれや動悸、息切れがする。こんなことを感じることはないでしょうか。30代半ば頃からこのような症状を感じた場合は、更年期障害である可能性があります。更年期障害と聞くと、閉経後に起こる現象と思われがちですが、最近では閉経する前からこういった症状が現れる女性が多くなってきました。更年期障害の原因は、主にホルモンバランスが崩れることにあります。身体の内側の変化なので、なかなか気付くことができません。ホルモンバランスが崩れると、自律神経も乱れてしまいます。そして自律神経が乱れることによって、身体へも症状として現れてきます。更年期障害の症状を和らげる方法はいくつかあります。まずは生活習慣を改善することが大切です。食事や睡眠を見直しましょう。今では更年期障害用のサプリメントも販売されています。身体への副作用の心配がないサプリメントは、毎日続けることによって効果を得ることができます。症状に合わせて選ぶといいでしょう。婦人科や内科でも、更年期障害の診察をしています。女性であれば婦人科、男性であれば内科を受診すると良いでしょう。加齢による症状ですが、最近では過度なストレスなどで20代や30代の若い女性でも月経がなくなってしまうことがあります。この場合は、早期に婦人科へ受診しましょう。ホルモンバランスが乱れているだけなら、生活改善やストレスを解消することで症状を和らげることができます。早発閉経の場合は、ホルモン補充療法などが必要になる場合があります。気付かぬうちに蝕まれるので要注意です。

病院を利用しよう

聴診器

病院には種類があり、風邪や腹痛などの際には内科が利用されます。費用も安く抑えることができ、生活習慣病なども改善することができますので、大人から子供まで多くの人達が利用をしています。

もっと読む